日 時:2021年11月20日(土) 10:00-17:35

場 所:ZOOMでのオンライン開催

主 催:動物園ランドスケープ会議

共 催:京都市動物園、
   (公財)東京動物園協会

後 援:(公社)日本動物園水族館協会
   (公社)日本造園学会
   (一社)ランドスケープコンサルタンツ協会
   日本展示学会、ヒトと動物の関係学会

参加費:4000円(会誌「動物園ランドスケープ」創刊号、発表要旨集を含む)

※参加申し込みは、以下のフォームからお申込みいただき、参加費を下記口座にお振込みください。振り込みをもって参加登録といたします。

※ご参加の方には11月15日頃に会議参加用アドレスをメールで送ります

参加申し込みフォーム

三井住友銀行 香里ケ丘(コウリガオカ)支店 普通預金 口座番号:1013212
口座名義:動物園ランドスケープ会議

※お知らせ(10/11更新)
・申込み及び振込期限は11月17日(水)です。振込がまだの方はお早めにお願いいたします。
・10月31日までに振込み確認ができた方には会議前に発表要旨集と会誌をお届けします。
・11月1日以降になった方は会議までにメールで発表要旨集のPDFをお送りしますが、冊子(会誌、発表要旨集)は会議後になりますのでご了承下さい。
・会議の招待メールは、お申込み時のアドレスにお送りしますが、変更がある方は早めにご連絡下さい。
・参加者の皆様への連絡事項はこのHPに掲載しますので、随時、ご確認をお願いします。

■プログラム

10:00- 開会挨拶 若生謙二
    共催園挨拶 坂本英房

10:05- 山極壽一(総合地球環境学研究所)「メッセージ:動物園は野生の窓」

10:15- Jon Coe (Jon Coe Design)「Naturalistic Design – Enrichment and Respect」

10:45- 若生謙二(大阪芸術大学)「動物園ランドスケープの創出方法」

11:15- 福井 亘(京都府立大学)「緑の効果と動物園」 

11:45- 中村 元(中村元事務所)「水族館のランドスケープ」

12:15- 昼食休憩

13:10- 張東君(台北動物園)「臺北市立動物園廢棄木の再利用」

13:30- Monika Fiby (Zoo Design and Consulting)「Preventing Bird Collisions with Glass」

13:50- Monica Lake (Auckland Zoo) 「An Aerial Pathway habitat: Structure and Landscape」

14:10- 黒鳥英俊(JORC・BCTJ)「類人猿舎から変化するオランウータン施設へ」

14:30- 古澤 潤(茶臼山動物園)「既存樹林を活用したオランウータンの生息環境展示」

14:50- 山木慎介(㈱翔設計)「上野動物園新パンダ舎の展示手法について」

15:10- 休憩

15:30- 坂本英房(京都市動物園)「京都市動物園の『京都の森』」

15:50- 本田直也(円山動物園)「爬虫類両生類館の屋内飼育環境におけるランドスケープ」

16:10- 加藤郁理(UDS㈱)「水族館の展示におけるランドスケープの体系を考える」

16:30- 小山奈穂(アトリエTMB)「展示場内の造形物に持たせる機能とそのデザイン」

16:50- 岡野綾香(多摩動物公園)「事例報告:動物を魅せる植栽づくり」

17:10- 山下博史(造園家)「感動を生む動物園施設づくりー気づきー」

17:30-17:35  共催団体挨拶 渡部浩文 
   閉会挨拶 山下博史

お問い合わせは動物園ランドスケープ会議メールまで